2004年07月21日

劇団文化座の鈴木光枝さんらと

96年6月の中国東北地区(旧満州)への旅は、劇団文化座の鈴木光枝さん、佐々木愛さん母子や劇団の皆さんと一緒の旅でした。choushun
鈴木光枝さんは、満州巡業中に終戦を迎え戦後引き上げてきたことから、文化座で想い出の地を訪問することになり、私も生まれ故郷を訪ねてみたいと便乗させてもらいました。
posted by 無精庵 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月19日

生まれ故郷旧満州へ

まず手始めは、終戦の翌年、小学6年生で引き上げるまでかよった旧満州の新京市(現長春)の当時の白菊小学校々舎を、ちょうど50年ぶりとなる96年に訪ねた時の写真です。現在は長春第五中学校となっていました。
元白菊小学校左斜め上クリックで拡大
小さな後日譚:昨年春、中目黒の台湾海鮮料理屋での会合のときのことです。はたち前後の女子店員が半年前に長春から来たばかりだとのことなので、長春のどのあたりかを尋ねると、娘は一生懸命で地図を描き始めました。なんと驚いたことにわが家から歩いて30秒、白菊小学校からも1,2分で毎日かよっていた道すがらなのです。驚いたのは娘の方も同じで、家を離れて半年里心のつく頃だったのか、涙ぐんで握った手を離しません。それを見た仲間たちは「隠し孫ではありませんか?」と囃し立てる始末です。「その頃僕はまだ10才そこそこのはなたれ小僧だよ」と弁解して大笑いのうちに幕となりましたが、この広い世界でいろいろな出会いがあるものです。
そのいきさつを聞いた店長から紹興酒3本の差し入れがあり、大いに盛り上がりました。
posted by 無精庵 at 18:52| Comment(19) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめに

根っからの旅好きゆえに、いつの間にか国の内外を問わず数えきれないくらいの多くの地を旅してきました。一人で、家族で、あるいは仲間とグループでと旅の形は様々ですが、多くは旅行社などに頼らない自主的な企画で、気ままな少ない費用の旅でした。その体験の中で印象に残った小さなエピソードを思い出すままに前後の脈絡にとらわれず記してみることにしました。
posted by 無精庵 at 16:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。