2004年08月09日

昼の顔、夜の顔

長春で宿泊した「長白山賓館」の前方には子供のころ幾度も遊んだ「南湖」と呼ばれる湖があり、その手前では週末になると日本の盆踊りのような踊りの宴が繰り広げられます。
choushun
踊りを見物していると、昼間市内を観光しているとき至る所に先回りをして現れ、旧満州時代の紙幣や切手などをアルバム状にしたものを強引に売りつけていた、少しヤバそうな「お兄さん」にばったりと遭ってしまいました。また押し売りでもするのかといぶかっていると、今度は人懐っこそうに近寄ってきて「昼はショウバイ、夜は友好ね」とけろっとしています。そして記念撮影をしていると、まるで仲間のような顔をして一緒にカメラに納まりました。(前列右端の青い上着の男性}
posted by 無精庵 at 18:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。